歯医者で治療を受けて歯を健康に保とう〜口内メンテナンス〜

医療器具

歯を健康に保つ

歯医者

歯はとっても大事なものです。それは、一度虫歯になったり、無くなったりすると二度と自分の歯を使うことが出来ないからです。現在虫歯が発生した時の治療方法としてオゾン治療が注目されています。

» 詳細へ

様々な治療方法がある

治療

レーザー治療

歯医者さんでの治療は痛いというイメージや先入観を持っている方は多いのでしょうか。虫歯になる原因にも述べましたが、乳幼児での親からの虫歯菌感染が、あなた自体の虫歯になりやすい体質かそうでないかを決めてしまいます。親が、虫歯菌の数が多ければ、子供に移ってしまう可能性は高くなってしまいます。子供の口腔内の細菌除去能力は、大人と比べたら全然劣るのでしっかりと、除菌してあげるのがいいのですが、早い子供であると乳歯の時期から歯医者さんに通うという事もあります。その為、幼い時期に歯医者さんの治療に行う時に使う、歯を削るドリル音がトラウマになって、歯医者=怖いというイメージがあります。しかし、歯医者で行なわれているレーザー治療は光で歯を削るために、正確に深く削るは苦手ですが、初期の虫歯治療や樹脂などを詰める治療などに使われます。レーザーを当てる事で、歯の表面の虫歯菌を殺菌して、虫歯になりにくい環境にしたり、歯の根に当てる事で、根の内部の治療を行ったり黒ずみを除去出来ます。また、最近多い歯と歯茎の境に当てる事で歯周病菌の除去や膿が出やすいようにする効果もあります。歯医者さんは痛いというイメージがありますが、そう遠くない時期に歯医者さんは痛くないというようなイメージになっているかもしれません。

温存治療

現在の歯医者さんは、歯を温存を目的とした治療を行います。今の歯医者さんの治療では念入りに口腔内の虫歯菌や歯周病菌を減らしてから治療を行います。また、抜歯するのは本当の最終手段として持ち入り、深く進行してしまった虫歯を出来るだけ抜かずに治療するのが多くなってきています。虫歯菌や歯周病菌で侵食された歯でも、丹念に虫歯を取り除き、オゾン治療で徹底的に細菌を除去して治療する事で、歯を温存して自分の歯で咀嚼出来るようになるまで回復していきます。しかしながら、ここまで進行してしまう前に、やはり定期的に歯医者さんに通い、歯垢の除去や虫歯菌・歯周病菌の除去は必要です。また、ご自分でもフッ素配合の歯磨きで、歯を再石灰化出来るようにして、虫歯になっても初期の虫歯の状態で治療しておきたいものです。

虫歯を予防しよう

医療器具

そもそも、なぜ虫歯になるのでしょうか。自分は虫歯が多いけど、友人などは歯医者に通うことはほとんど無いけど、虫歯もほとんど無いという事もあるでしょう。虫歯が出来てしまった時に最適な最新治療方法にオゾン治療があります。

» 詳細へ

白く綺麗な歯を手に入れる

レントゲン

ホワイトニング治療は、多くの歯科クリニックで受けることができるポピュラーな歯科治療です。くすみや黄ばんでしまった歯を白い歯に改善することが出来ます。継続的な治療が必要です。

» 詳細へ