歯医者で治療を受けて歯を健康に保とう〜口内メンテナンス〜

歯医者

歯を健康に保つ

歯医者

自分の歯で

歯は、食べ物を食べたりするだけではなく、話す時にも使いますし、歯が無いと踏ん張りきれなかったり、力が入らないという事もあります。初期虫歯は、自己治癒も可能ですが、黒い点のようなものが出来てしまうと、これは虫歯となってしまい、歯医者さんでの治療が必要となってきます。歯医者さんでの治療では、歯を削る治療になる為に、あのドリルのような音と痛みは、歯医者に行くのを躊躇うほどです。しかし、そのまま放置していると虫歯の進行が進み、多額の治療代や抜歯しないといけない事にもなってしまい、歯を失ってしまうケースも出てきます。今の治療は痛みを極力軽減するような治療があり、オゾン治療を取り入れている歯医者さんも増えてきています。また、オゾン治療は初期虫歯には効果的です。初期虫歯は、オゾン治療などの治療を行うと、ほとんど治療した跡がわかりません。進行して行き、歯を深く削るようになってしまうと詰め物や冠と呼ばれる金属を埋め込む為に、笑ったり口を広げると見えて目立ったりしてしまいます。いつまでも、白い歯で健康的に過ごしていきたいと願う人は多くいらっしゃいますので、出来るだけ進行しないで歯医者に通うのが歯にとってもいいことなのです。虫歯の原因である虫歯菌を除去する意味でも、オゾン治療は有効な最新治療です。

オゾン治療とは

オゾン治療は、別名ヒールオゾンと呼ばれている治療法です。オゾンを照射することによって虫歯菌を殺菌し、再石灰化を促すことで虫歯を治療するという治療法です。オゾン治療はまだ導入されて間もないもので、保険適用外になってしまいますが、多くのメリットがあります。歯を削る量が少なく、痛みが発生しにくいというのが1つのメリットです。また、歯の神経を温存出来る可能性が増える、治療時間が短縮できる、削った部分やその内部の殺菌や虫歯予防にも使用することが出来る。などといったメリットもあります。