歯医者で治療を受けて歯を健康に保とう〜口内メンテナンス〜

歯医者

虫歯を予防しよう

医療器具

虫歯にならないようにする

毎日歯磨きをして、綺麗にしていても虫歯になる人は、虫歯になってしまいます。なぜ、虫歯になるのか、それは歯の状態、虫歯菌の数、食べ物によって影響してきます。歯の状態というのは、もともと歯の表面のエナメル質がしっかりしているのかにもよります。これは先天的なものなので、替える事は難しいでしょう。次に食べ物ですが、糖質を多く含んだ物や、口の中が酸性になりやすいようなものが原因とされています。そして、最近よく取り上げられているのが、虫歯菌の数です。産まれてすぐの赤ちゃんの口の中は、あまり細菌の数が多くありません。また、母乳での摂取しかありませんので細菌の数自体も活発化しにくい状況です。しかし、離乳食を食べ出すあたりから、親が使っているスプーンや箸などで口移しをする時に、一緒に虫歯菌が移動していき、虫歯になりやすい環境が構築されます。虫歯菌の減らす為にも、毎日の歯磨きや定期的に歯医者に通って、虫歯菌が好きな歯垢の除去を行う事で、虫歯になりにくい環境が作られます。また、ご自身での歯ブラシでのブラッシングは限界がありますので、定期的に歯医者さんに見てもらうようにしましょう。

注目の治療

歯を削らずに、痛みも発生しないで治療できるという事もあって、現在注目されているのがオゾン治療です。これは、日本の歯医者さんが導入していっている、最新の治療法なのです。虫歯の多くの原因は、虫歯菌による腐食です。菌を殺菌するオゾン治療によって、原因となる虫歯菌の数が激減するので、虫歯になりにくい状態にします。比較的軽い虫歯から進行が進んでいる虫歯まで、オゾンによって一種の無菌状態にする事で、虫歯の進行が止まります。